×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

詳細/あーつぇー アーツェー 固有名詞

詳細/あーつぇー アーツェー 固有名詞

詳細/あーつぇー アーツェー 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

詳細/あーつぇー アーツェー 固有名詞

スターバックス クーポン
神戸花鳥園 クーポン
エンターモーション モバイルクーポン
エチュードハウス クーポン
福福屋 クーポン
京都 マッサージ クーポン
世界の山ちゃん クーポン券
ユニバーサルスタジオ クーポン
リゾ鳴尾浜 クーポン
舞浜ユーラシア クーポン
ピザカリフォルニア クーポン
王将 クーポン券
長崎 観光 クーポン
すしざんまい クーポン
ジェルネイル クーポン
野の葡萄 クーポン
ハワイアンズ クーポン
風来坊 クーポン
松本平太郎美容室 クーポン
富士急 クーポン
クーポンランド 美容院
movix クーポン
名古屋水族館 クーポン
自由空間 クーポン
ハンバーグ大魔王 クーポン
得するクーポン
東武ワールドスクエア クーポン
小樽食堂 クーポン
まねきねこ クーポン
岩盤浴 クーポン
ババガンプシュリンプ クーポン
スポッチャ クーポン
焼肉小倉優子 クーポン
ドムドムバーガー クーポン
備長扇屋 クーポン
マクドナルドクーポン券
アルツ磐梯 クーポン
ガーラ湯沢 クーポン
はいから亭 クーポン
八景島シーパラダイス クーポン
クーポンの幸

ピラミッド 450


詳細/
あーつぇー アーツェー 固有名詞









詳細/
あーつぇー アーツェー 固有名詞



カンナエの戦い

紀元前218年、アルプス山脈を越えてイタリア半島に侵入したカルタゴの将軍ハンニバルは、トレビア川の戦い、トラシメヌス湖畔の戦いで、ローマ軍に甚大な被害を与えた。ローマの元老院は、急遽ファビウス・マクシムスを独裁官に任命し、戦力を再編する時間を稼ぐことにした。ファビウスは、ハンニバルとの決戦を巧妙に避け、持久作戦を展開してカルタゴ軍の消耗を待った。

しかし、ハンニバルによってイタリア全土が略奪にさらされると、ファビウスのそうした姿勢は臆病だと指摘され、決戦を望む声が湧き起こった。これを受けてローマの元老院は、ファビウスの任期が切れると同時に、ルキウス・アエミリウス・パウルスとガイウス・テレンティウス・ウァロの両名を執政官に任命し、積極策に転じた。

両執政官は、約80,000名の軍団を率いてハンニバルの迎撃に向かった。パウルスはハンニバルとの正面対決を避けるべきだと主張していたが、ウァロは決戦を望んでいた。紀元前216年8月2日、南イタリアのアプリア地方のカンナエ付近で、ローマ軍とハンニバル率いるカルタゴ軍約50,000名が対峙、当日の最高指揮官であるウァロが決戦を挑んだため、カンナエの戦いが生起した。

ローマ軍は10,000名を野営地の警備に残し、残りの70,000名を戦場に展開させた。布陣は主力である重装歩兵を中央に置き、その前面に軽装歩兵を展開、右翼をローマ騎兵、左翼を同盟国騎兵が固める配置であった。その作戦意図は重装歩兵による中央突破にあり、そのために各中隊(マニブルス)の間隔を狭くして戦列中央を厚くしていた。中央の指揮は前執政官(プロコンスル)のセルウィリウスが担当し、パウルスは右翼騎兵、ウァロは左翼騎兵を指揮した。





詳細


ロベルト・ライ ヴェストファーレンのニーダーブライデンバッハで、11人兄弟の7番目に生まれる。実家は貧しい農家だったが、ボン大学とイェーナ大学で自然科学を学ぶことができ、食品化学などに興味を持つ。 第一次世界大戦が勃発すると、ライはすぐさま志願兵として歩兵部隊に参加する。1917年に飛行軍団へ移籍するが銃撃で負傷し、その後吃音や発作などに悩まされることになる。大戦終結後、フランスの捕虜となり、釈放後の1920年に論文を発表して博士号を獲得した。大学の後にはIG・ファルベンで働くようになる。 1924年、ミュンヘン一揆失敗後、民族社会主義自由党と名を変えて水面下で活動していたナチ党に入党。入党後はラインラント大管区指導者、組織全国指導者を歴任した。 1933年5月2日に、全ドイツの労働組合が解散させられると、その資産と組員を引き継ぐ形で5月10日にドイツ労働戦線(以下DAF)を発足させ、その全国指導者となった。同組織は労働者だけでなく経営者や自由業者なども加入する組織だったため、ライも経済・労働政策の主導権を巡る党と国家の諸機関の対立に積極的に飛び込んでいく。1934年10月には、同年1月の国民労働秩序法ではほとんど無視されていたDAFの権限を大幅に拡大した「DAFの本質と目的についての総統命令」を直接アドルフ・ヒトラーから取り付け、労使関係の独占的調停者となることを狙った。これは前述の国民労働秩序法と矛盾するものであったために経済相ヒャルマー・シャハト、労働相フランツ・ゼルテらの反発を招き、三者は1935年3月のライプツィヒ協定で一定の妥協を見るまで激しく対立した。