×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

詳細/あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞

詳細/あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞

詳細/あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

詳細/あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞

矢場とん クーポン
六甲山牧場 クーポン
ナポリの窯 クーポン
うおや一丁 クーポン
うたうんだ村 クーポン
川場スキー場 クーポン
極楽湯 和光 クーポン
極楽湯 多摩センター クーポン
すしおんど クーポン
にぎりの徳兵衛 クーポン
めいほうスキー場 クーポン
マリノ クーポン
福岡 美容室 クーポン
スキージャム勝山 クーポン
にぎり長次郎 クーポン
村さ来 クーポン
猪苗代スキー場 クーポン
柿安三尺三寸箸 クーポン
寿し常 クーポン
港北の湯 クーポン
サブリナフェア クーポン
しゃぶ菜 クーポン
焼肉 牛角 クーポン
テキサスバーガー クーポン
暖龍 クーポン
earth 美容院 クーポン
スカイスパ クーポン
トニーローマ グアム クーポン
のとじま水族館 クーポン
かに道楽 クーポン券
かぐらスキー場 クーポン
くいどん クーポン
フェスタガーデン クーポン
イーノ クーポン
丸源ラーメン クーポン
揚州商人 クーポン
auケータイクーポン
朝鮮飯店 クーポン
七輪房 クーポン
がんこ炎 クーポン
クーポンの特命

ピラミッド 450


詳細/
あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞









詳細/
あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞



ヌミディア

第二次ポエニ戦争では、東の王であるガイア(あるいはガラ)はカルタゴと同盟を結んでハンニバルの遠征軍に騎兵を提供し、共和政ローマと戦った。他方、西のシュファクスは、ローマと同盟を結んでいた。

ところが紀元前206年、東のガイアが没すると、西王国のシュファクスが東を併合した。ガイアの息子であるマシニッサは、カルタゴ領のイベリア半島でローマのスキピオ・アフリカヌスと戦っていたが敗れ、本国を失ったのでスキピオの軍門に降った。これに対して、シュファクスはローマから離反してカルタゴと同盟を結んだ。

紀元前204年、スキピオ率いるローマ軍がカルタゴ本国を攻めるために北アフリカに上陸して、カルタゴ・ヌミディア同盟軍を破り、ヌミディアを制圧した。シュファクスはローマの捕虜となり、マシニッサが統一ヌミディアの王として即位した。ザマの戦いでは、マシニッサはスキピオ麾下ローマ軍の支援軍として右翼の騎兵隊を指揮して、ハンニバルのカルタゴ軍を破ることに貢献した。なおこのとき、マシニッサが撃退したカルタゴ軍左翼もヌミディア騎兵であった。

後世のアッピアノスが伝えるところによれば、マシニッサが没した紀元前148年には、彼の領土は西隣はマウレタニア、東隣はカルタゴ、さらに東端はキュレナイカにまで達したという。すなわち、カルタゴを南側から包囲した形になったわけである。

マシニッサの後継者となったミキプサが紀元前118年に死去すると、3人の後継者が跡目を争うこととなった。即ち、アドヘルバルとヒエンプサル(1世)、ユグルタであり、紀元前112年までにユグルタは他の2人との争いに勝利して、ヌミディア王となった。





詳細


ロベルト・ライ ヴェストファーレンのニーダーブライデンバッハで、11人兄弟の7番目に生まれる。実家は貧しい農家だったが、ボン大学とイェーナ大学で自然科学を学ぶことができ、食品化学などに興味を持つ。 第一次世界大戦が勃発すると、ライはすぐさま志願兵として歩兵部隊に参加する。1917年に飛行軍団へ移籍するが銃撃で負傷し、その後吃音や発作などに悩まされることになる。大戦終結後、フランスの捕虜となり、釈放後の1920年に論文を発表して博士号を獲得した。大学の後にはIG・ファルベンで働くようになる。 1924年、ミュンヘン一揆失敗後、民族社会主義自由党と名を変えて水面下で活動していたナチ党に入党。入党後はラインラント大管区指導者、組織全国指導者を歴任した。 1933年5月2日に、全ドイツの労働組合が解散させられると、その資産と組員を引き継ぐ形で5月10日にドイツ労働戦線(以下DAF)を発足させ、その全国指導者となった。同組織は労働者だけでなく経営者や自由業者なども加入する組織だったため、ライも経済・労働政策の主導権を巡る党と国家の諸機関の対立に積極的に飛び込んでいく。1934年10月には、同年1月の国民労働秩序法ではほとんど無視されていたDAFの権限を大幅に拡大した「DAFの本質と目的についての総統命令」を直接アドルフ・ヒトラーから取り付け、労使関係の独占的調停者となることを狙った。これは前述の国民労働秩序法と矛盾するものであったために経済相ヒャルマー・シャハト、労働相フランツ・ゼルテらの反発を招き、三者は1935年3月のライプツィヒ協定で一定の妥協を見るまで激しく対立した。