×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

詳細/あーでふぃりん アーデフィリン 固有名詞

詳細/あーでふぃりん アーデフィリン 固有名詞

詳細/あーでふぃりん アーデフィリン 固有名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

Google

詳細/あーでふぃりん アーデフィリン 固有名詞

まいどおおきに食堂 クーポン
馬喰一代 クーポン
横浜みなとみらい万葉倶楽部 クーポン
ラッキーピエロ クーポン
ベビーザらス クーポン
モテコ クーポン
はなまるうどん クーポン
ガスト おとクーポン
成田空港 免税店 クーポン
個室 クーポン
ピザポケット クーポン
自遊空間 クーポン
キッズプラザ大阪 クーポン
インスパ横浜 クーポン
たんばらスキーパーク クーポン
長次郎 回転寿司 クーポン
深大寺温泉 クーポン
シカゴピザ クーポン
新江ノ島水族館 クーポン
ジャンボおしどり寿司 クーポン
源ぺい クーポン
味ん味ん クーポン
まんぷく太郎 クーポン
モンスーンカフェ クーポン
かまどか クーポン
東京靴流通センター クーポン
中央コンタクト クーポン
フェイシャル クーポン
マック かざすクーポン
縮毛矯正 クーポン
すすめバイキング クーポン
大磯ロングビーチ クーポン
シズラー 新宿 クーポン
トルカクーポン
じゅうじゅうカルビ クーポン
カラオケの鉄人 クーポン
ケンタッキーフライドチキン クーポン券
大阪カルビ クーポン
ビクトリア クーポン
バーミヤン クーポン券
クーポンの四面楚歌

ピラミッド 450


詳細/
あーでふぃりん アーデフィリン 固有名詞









詳細/
あーでふぃりん アーデフィリン 固有名詞



第二次ポエニ戦争

第一次ポエニ戦争の結果、カルタゴはシチリア島をローマに割譲し、地中海における海上覇権を大きく減退させた。カルタゴはこの損失を補うため、ヒスパニア(イベリア半島)の征服に取り掛かった。ハミルカル・バルカによってヒスパニアの征服と植民地化が開始され、彼の死後は娘婿のハスドルバルが事業を継続した。紀元前226年、ハスドルバルはローマとの間にエブロ川以北には進出しない旨の誓約を交わした。

紀元前221年、ハスドルバルが暗殺されると、ハミルカル・バルカの息子ハンニバルが後継者となった。ローマの伝記作者に拠れば、ハンニバルは幼い頃からローマに対する憎悪を教え込まれ、攻撃の機会を狙っていたという。紀元前219年、ハンニバルはサグントゥムを攻撃した。サグントゥムはエブロ川以南の都市であったが、ローマとの同盟を結んでいたため、ローマは攻撃停止を求める使節団をカルタゴに派遣した。しかし、両者が交渉をしている間にサグントゥム陥落の一報が到着、クィントゥス・ファビウス・マクシムスは使節団を代表して宣戦を布告した。

ローマを屈服させるにはイタリア本土を直接攻撃するしかない。しかし、制海権がローマに握られている以上、海上からの侵攻は困難である。さらにローマはカルタゴの侵入が予想されるイタリア西部、南部に兵力を配置していた。ここでハンニバルはアルプス山脈を越え、ローマの防備の薄い北方から侵攻するという前代未聞の発想に至る。





詳細


ロベルト・ライ ヴェストファーレンのニーダーブライデンバッハで、11人兄弟の7番目に生まれる。実家は貧しい農家だったが、ボン大学とイェーナ大学で自然科学を学ぶことができ、食品化学などに興味を持つ。 第一次世界大戦が勃発すると、ライはすぐさま志願兵として歩兵部隊に参加する。1917年に飛行軍団へ移籍するが銃撃で負傷し、その後吃音や発作などに悩まされることになる。大戦終結後、フランスの捕虜となり、釈放後の1920年に論文を発表して博士号を獲得した。大学の後にはIG・ファルベンで働くようになる。 1924年、ミュンヘン一揆失敗後、民族社会主義自由党と名を変えて水面下で活動していたナチ党に入党。入党後はラインラント大管区指導者、組織全国指導者を歴任した。 1933年5月2日に、全ドイツの労働組合が解散させられると、その資産と組員を引き継ぐ形で5月10日にドイツ労働戦線(以下DAF)を発足させ、その全国指導者となった。同組織は労働者だけでなく経営者や自由業者なども加入する組織だったため、ライも経済・労働政策の主導権を巡る党と国家の諸機関の対立に積極的に飛び込んでいく。1934年10月には、同年1月の国民労働秩序法ではほとんど無視されていたDAFの権限を大幅に拡大した「DAFの本質と目的についての総統命令」を直接アドルフ・ヒトラーから取り付け、労使関係の独占的調停者となることを狙った。これは前述の国民労働秩序法と矛盾するものであったために経済相ヒャルマー・シャハト、労働相フランツ・ゼルテらの反発を招き、三者は1935年3月のライプツィヒ協定で一定の妥協を見るまで激しく対立した。